転職活動における美容の重要性

中小企業から大企業のオファーを受け転職

私は2018年10月にとある中小企業から誰もが知る大企業のオファーを受け、2019年2月に入社することとなった。
これまでの私のキャリアは新卒入社当初は、いわゆるジョブホッパー状態で2年間のうちに3社を渡り歩くというような転職回数の多い若者であった。
当時は若さゆえに比較的すぐに内定を得ることができたが、数社の選考においては途中で落とされるということも多かった。
なぜ当時選考落ちを経験したか?ということを振り返ると、あまりにも見た目に気を遣うことを怠ったからではないか、という結論に至っている。
その後、私は前職の「とある中小企業」にて10年弱の職務に就いた末、現職にスカウトされる形で転職することになったわけだが、さすがに30代後半ともなるとビジネスマナーも身に付き、見た目の与える印象の重要性も理解していたため、転職活動における見た目の重要性を意識して身だしなみチェックなどを怠ることなく、多少なりとも「美容」ということも意識して選考に臨んだ結果、現在のご縁をいただいたと考えている。

20代前半のそこまで意識的に活動することが必要のない世代の転職活動においては、あまりその重要性は意識されないかもしれない。
しかしながら、顧客と直接会うような職業においては当然見た目に気を遣う必要はあり、肌艶の良い担当者には好印象を持つ顧客は多いと思われる。

中小企業から大企業のオファーを受け転職転職活動や仕事をする上で美容も重要転職活動の成功の秘訣も美容と健康美容関係の仕事に転職できた